搭乗型ロボット

搭乗型ロボット

搭乗型ロボットは、自動走行や省人化を実現して人の移動を補助するロボットです。
自動追従機能やライントレース機能を取り入れ、より進化した運用が実現できます。
1人乗りの「ガルー」と2人乗りの「モビリス」が開発されました。


搭乗型ロボット【ガルー】

2019年度、1人乗りの空港向けパッケージ製品「ガルー」がシンガポール子会社であるDoog International Pte. Ltd.から製品化されました。
現在も国内外の複数の空港関係事業者から問い合わせをいただいており、現場導入・実証が進んでいます。

ガルーは乗客が1名ずつ乗車して3台を同時運行し、追従走行によって搭乗ゲートや入国審査への移動などに活用します。
スタッフが所持するスマートフォンから簡単に操作でき、未来的なデザインであることが特長です。
また、スマートフォンを用いないスタンドアロンでシンプルなUIによる運用も検討しています。


搭乗型ロボット【モビリス】

モビリスは、“あらゆる状況の人々が行楽を満喫するための乗り物”をコンセプトに開発された2人乗りのモビリティロボットです。 ロボット機能の安全性により小さい子供からシニアの方々まで快適に楽しんでいただくことが出来ます。 2人が横に並んで乗車できるベンチタイプのシートでありながら、コンパクトで小回りがきく乗り回しのしやすさが特徴です。

2019年3月23日に富士急ハイランドにオープンした新アトラクション「無限廃坑」でも採用されました。 モビリス(ver2)をベースユニットに使用してトロッコの装飾を施しました。 単独自走式モビリティロボットが営業運行する国内初の事例となります。 床に貼ったマーカーを読み取ることで加減速・停止・発進・後進・回転等様々な動きを実現できました。 コース変更は床の反射テープを貼りかえるだけで簡単に行えることなどにより、 インテグレーションを含めたトータルコストの低さも事業展開における特長です。


新しいベースユニットの構想

新しいベースユニットの開発によって新たな移動補助サービスの提供も可能となる予定です。
アトラクションの他にも、トレインなどで運行される観光周遊ライドや、ゴルフカートなどでの運行が期待されます。

  • 車体幅は1m強
  • 車体長は1.2m~1.8m程度
  • 車体長を設計変更パラメータとして、2名~4名乗りなどの複数の乗車形態を実現
  • 高さ25cmほどのフラットプレートを持つ
  • 歩行者環境に溶け込んで時速1~5kmでゆったりと走行する
  • 運行環境に応じて、自動追従走行、ライントレース、環境形状地図走行、GPS走行を組み合わせる